お風呂で照射漏れをジョリ

Posted on

朝起きたらLINEに古町のバー「K」からメッセージが入ってました。まさみさん、コートを忘れてませんか?とのこと。ちょっと二日酔いで頭が重いのですが思い出してみると昨夜は会社の仲間と飲みにいって3次会でそのお店に行ったんだ。そしてふらついた足取りでタクシーに乗せられて帰宅したのですけど、もうそのあたり記憶が不鮮明。確かにコートはなかった。少なくとも部屋にはなかった。ということはそのお店です。

新潟はこの時期でもまだ寒いのでコートは必要。「今日とりにいきます、ありがとうございます。」と返信。うちの会社はフレックスなんでまだ出社時間には余裕で間に合います。お風呂にお湯をため、30分つかります。デトックス。酒抜きじゃー。

私はいつもお風呂にはiPadをもって入ります。iPadにはkindleで買った本がたくさん入ってますので読みながらじっくり汗を出します。そして身体を洗うとき少しムダ毛の自己処理も忘れません。脇の下をよくみると、うーん、前回のミュゼの照射漏れなのか太い毛が数本生えてます。それをシェーバーで剃ります。まだ両脇は2回しかやってませんので残るんですよね。

明後日が次回の予約なので2日前の自己処理はちょうどいいやと思いながらジョリジョリ(汗

お風呂をあがって髪を乾かして、乾かしながらも本を読みます。あ、今読んでいる本は海外ミステリ「失踪者」(シャルロッテリンク)です。これがめちゃくちゃおもしろい。友人の結婚式に招待された女性が飛行場で足取りを断つ。最後にその女性と偶然出会った弁護士の男性が関与しているのではないかと疑われます。

今日は仕事に集中しよう!

全身脱毛で痛みを感じる場所と感じない場所

昨夜は会社の同僚と古町の柳都庵(りゅうとあん)というお蕎麦屋さんで日本酒をしこたま飲みました。いちど蕎麦屋飲みをしたかったんです(ってオヤジか!!)。このお店は飲ん兵衛向けにつまみメニューそろってます。鯛の刺し身、ホタルイカ、美味しかったです!!そして締めの蕎麦がまた最高。

飲みながら子供時代の思い出話になりました。
ふと自分がお風呂で体毛の処理をしていた風景を思い出しました。

私は、本来毛深いほうでした。

色白なんで目立つんですね。小学校の水泳大会で自分だけ腕の毛とか濃いことがはっきり分かりました。
そこで自宅で母のシェーバーを借りて自己処理していたことを思い出します。

吉祥寺には大学入学に引っ越しました。ただ親の仕送りなんで当時は脱毛エステの体験はしごばかりです。
社会人になって初めてミュゼに通い始めました。でもその頃から新潟に帰りたいなと思ってたんで、スタッフに店舗移動できるか聞いたらOKとの返事でほっとしました。まだローンがかなり残ってましたので(汗

カウンセリングでは最初、両脇と腕だけにしようと思いましたが、全身をやったほうがお得だし、どうかと勧められましたが、それは全然強引な感じではなく、たしかに、VIOも濃いのは自分でも知ってました。

ムダ毛もふといので施術には毎回1時間くらいかかってました。最初は痛みを感じましたが担当の巧みなジェルさばきで慣れてくるのかだんだん感じなくなりました。

ただ場所によって痛さが全然違うんですよね。痛さを感じる細胞の数が違うんでしょうね。3、4回通うともう全然違う!と体感できるようになります。人によっては2回で感じた人もいるみたいですが私は3回目くらいからです。

今は新潟店で最後の仕上げです。